清酒 一鶴 純米酒 / 浦川酒造


島原地区

浦川酒造(資)

純米

清酒 一鶴 純米酒

1.8L

雲仙山系の清澄な伏流水を仕込水として、粒よりの酒造好適米「山田錦」を磨き上げ、丹念に仕上げた調和のとれた落着いた香りと濃醇でしっかりしたコクが自慢の純米酒です。

  • 001-00浦川酒造(資)
    http://www.sake-ikkaku.co.jp/

    〒859-2202
    長崎県南島原市有家町山川1123
    TEL 0957-82-2030

    銘酒「一鶴」の醸造元。この地に済む人々のためにと、余った米を使って作り始めた酒造りが今日に続く。現在でも、造られた酒のほとんどは島原半島内で飲まれています。
    雲仙山系の清廉な伏流水を仕込水として、厳選した良質の酒造好適米を高精白にに磨きあげ、昔ながらの良さを守りつつ、伝統の技で酒を造る姿勢は創業当初から変わらない。

    長崎県南島原市有家町山川1123

  • 1 Comment for “清酒 一鶴 純米酒 / 浦川酒造”

    種市浩二

    says:

    浦川酒造 長池孜様 ご無沙汰しております。先日「東京で南島原市の日本酒が飲めるとばい!!」の案内チラシを送ってくださりありがとうございました。長崎かきくけこ は神田鍛冶町とのこと。私もこの近くに6年ほど仕事場を持って過ごしましたので馴染みの処です。私は父と違って下戸の方なので酒はほどほどです。でも折角孜さんからご案内を頂いたので近々訪ねてみようと思っています。このネットで浦川酒造を拝見しましたが、以前ご自宅を訪問した時のことが思い出されとても懐かしい思いです。どうぞ皆さまお元気でいつまでも美味しいお酒作りをなさってください。9月3日 種市浩二

    コメントを残す